LGBTばんブログの日記

ゲイである僕の日常や、思ったことを書き留めていきます。

1人になりたい人と、1人になりたくない人の同棲は、難しい。

疲れている時、ストレスが溜まっている時、あなたは何をしたくなりますか?

これに関しては本当に人によって様々なので、全員に当てはまる正解は無いと思います。

それはわかっているものの、僕とたけたんは真反対なので苦労しています。笑

僕に関しては、1人になりたい人。

特にストレスフルな状態のとき、僕は1人になりたい人です。

ストレスが溜まっている時は、頭の中のバケツにモノがたくさんグチャグチャと詰まっているようなイメージです。

人と話したり、テレビを観たりすると、新しい情報が入ってきて、バケツの中にモノが追加されていく感じがします。つまり、ストレスが増える状態です。

だから1人になって、静かな部屋でモノの整理をして、空っぽにしたいんです。そうすればまた今まで通り、人と話したりテレビを観たりできます。

ストレスが溜まりやすい僕は、これが一番効果的なストレス消化法です。

たけたんは、1人になるのが嫌な人。

これに対して、たけたんは1人になりたくない人で、疲れている時やストレスが溜まっている時こそ、家族や大切な人と一緒にいたいようです。

そもそもストレスが溜まるという感覚がわからないようです。本当に羨ましいです。笑

それに加えて本当に寂しがり屋のようで、どこに行くに関しても、何をするにしても、1人を嫌がります。

可能な限り僕も付きそうようにはしているんですが、『それは大人としてどうなの?笑』というときもあるので、そういう場合はそっと断ります。笑

こういう真反対の2人が同棲するのって、どうしたらいいんだろう。

お互いに仕事が忙しい時期は、やっぱり衝突が増えます。

そのあと、僕は1人になって静かに色々考えてから改めて話し合いをしたいタイプです。いわゆる「頭を冷やす」時間がほしいです。

たけたんは間髪入れずに、すぐに話し合いがしたいタイプ。喧嘩したあとにすぐに話し合いができるって、ある意味すごいなっていつも思います。笑

同棲し始めてもうすぐ2年経つんですが、やっぱりまだまだわからないことはたくさんあります。焦らずに僕らの正解をちょっとずつ見つけていきたいと思います。